BH22.9

提供:TogoWiki

移動: 案内, 検索
Bh22.9-logo.png

国内版バイオハッカソン BH22.9

目次

開催概要

2022年9月5日から9日にかけて、高知にて国内のライフサイエンスデータベースの構築者と利用者向けの技術勉強会として、第13回 国内版バイオハッカソン BH22.9 を開催いたします。なお、ハッカソンは新型コロナウイルス感染症対策を施しながら開催いたしますが、感染症の拡大に伴い現地開催をやむを得ず中止する場合があります。

  • 主催:ライフサイエンス統合データベースセンター (DBCLS)
  • 開催期間:2022年9月5日(月)〜9月9日(金)
  • 開催場所:ロイヤルホテル土佐(高知県安芸郡)
    • ハッカソン会場 ノーブル(2階)
  • アクセス: https://www.daiwaresort.jp/tosa/access/
    • 送迎用チャーターバス 
      • 高知空港から会場への公共交通機関が不便なためチャーターバスの準備を検討しております(無料。所要時間は高知駅からは約1時間、高知空港からは約30分程度)。利用人数によってバスの大きさを決定しますので、現時点では未定の場合でも利用する可能性がある場合は参加登録の際チェックを入れてください。往路は、9/4 (日) 15時台、17時台発(仮) 高知駅~高知空港~ホテル、復路は、9/9 (金) 12時台発 ホテル~高知空港~高知駅を予定しています。
    • 公共交通機関
      • 公共交通機関のみの場合、一度高知市街に出る必要があります
      • 空港 ←→ 高知駅(バス):25 分 740 円。2社ありますが料金は同じです
      • 高知駅 ←→ 西分駅(鉄道):約 45-60 分 820 円
        • 時刻表
        • 最寄りの西分駅に快速は停車しません
        • 交通系ICカード利用不可
      • 高知市街 ←→ 西寄 || 長谷寄(バス:安芸線):約 60 分 860 円
    • タクシー
      • 空港 ←→ ホテル:約 25 分 およそ 4000 円
      • 空港 ←→ のいち駅:約 10 分(乗合タクシーの場合、500 円/人、要予約)
        • のいち駅 ←→ 西分駅(鉄道):15-20 分 410 円 時刻表
        • 野市龍河洞通 ←→ 西寄 || 長谷寄(バス):22 分 430 円 安芸線参照
      • 夜須駅 ←→ ホテル:約 10 分 およそ 1500 円
  • 宿泊についてご案内
    •  9月5日(月)午前からハッカソン開始のため、9月4日(日)の夕食付き前泊を承ります。
    •  チェックインは15時からとなっております。
    •  宿泊料等は各自チェックアウト時の現地精算となります。
    •  宿泊先のキャンセルポリシーはこちら(FAQ・キャンセル料について)をご確認ください。
  • 新型コロナウイルス感染症対策について
    •  新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAの利用をお願いします(詳しくは厚労省のページをご確認下さい)
    •  ホテル到着時の検温、手指の消毒にご協力下さい
    •  ハッカソン会場内では以下にご協力ください
      •  毎朝、来場時の検温、手指の消毒
      •  再入室時の手指の消毒
      •  会場内でのマスク着用
      •  会場内でのソーシャルディスタンスへの配慮
      •  喫茶コーナーでの立ち話を避ける  

開催趣旨

DBCLS では、ライフサイエンスのデータベース統合についての技術開発を支援・最新技術の情報共有・実務者間での交流を促進するため、これまで12回の国際版 BioHackathon と12回の国内版バイオハッカソン BH10.10, BH11.11, BH12.12, BH13.13, BH14.14, BH15.15, BH16.12, BH17.11, BH18.7, BH19.7, BH20.9, BH21.8を開催してまいりました。

バイオインフォマティクスにおけるデータベースの利活用は目的も手法も多岐にわたります。このため、国内版バイオハッカソンのテーマについては DBCLS や NBDC の統合化推進プログラムで進められているセマンティック・ウェブによるデータベース統合に限らず、国内の生命情報学系の研究者間で共にディスカッションやソフトウェア開発が促進できるものであれば全てスコープに入ると考えます。また、民間の方からもぜひ、公共データの社内での活用や情報統合の課題、産学連携で開発・利用できそうな研究課題やソフトウェア技術など、バイオ寄りからインフォ寄りまで議論・開発のネタを自由に持ち込んで頂ければと思います。

国内版バイオハッカソンは、これからのライフサイエンスを支える技術開発に興味のある方々に自由にご参加いただき、活発な議論と開発を進めて頂くインキュベーションの場となればと考えています。

参加申し込み

ハッカソンの参加費は無料ですが、会場準備の都合上、下記のページから参加登録をお願いいたします。質問事項等ありましたら、オーガナイザー bh22.9@biohackathon.org 宛にご相談下さい。

  • BH22.9 参加登録フォーム → https://tinyurl.com/bh22-9-regist
    • 参加登録締切:7/29(金)
    • お申込み確認通知のメールが届かない場合は、上記のオーガナイザー宛に連絡下さい。


注意事項:

  • ハッカソンは開催趣旨から、原則的に全日程のご参加をお願いしておりますが、難しい場合は参加可能な日程をご登録下さい。
  • 航空券や現地までの交通手段などは各自で手配してください。
  • ソフトウェア開発用機材の貸出はありませんので、各自無線LANが利用可能なノートPCなどをご持参ください。

プログラム

ブリーフィングやラップアップなどを中心に、いくつかのセッションは Zoom 中継予定です。

  • 9/4 (日) 現地入り
    • 15:00-18:00 受付(1Fロビー専用受付)
    • 18:00-19:00 会場設営(オーガナイザーのみ)
    • 19:00-20:30 夕食(21:00 食事会場閉場)
  • 9/5 (月) ハッカソン
    • 8:00-9:00 受付(2F会場内)
    • 9:00-13:00 課題出しのためのブリーフィング
    • 13:00-14:00 lunch break
    • 14:00-19:00 ハッカソン
    • 19:00-20:30 dinner break(21:00 食事会場閉場)
    • 20:30- ハッカソン / ディスカッション
  • 9/6 (火) - 9/8 (木) ハッカソン
    • 9:00-13:00 ハッカソン
    • 13:00-14:00 lunch break
    • 14:00-19:00 ハッカソン
    • 19:00-20:30 dinner break(21:00 食事会場閉場)
    • 20:30- ハッカソン / ディスカッション
  • 9/9 (金) ラップアップ
    • -9:00 チェックアウト
    • 9:00-12:00 ハッカソン・ラップアップ
    • 12:00 解散
    • 13:00-16:00 会場撤去・荷物発送・報告書等の事務作業(オーガナイザーのみ)

主なテーマ

会期中に検討するテーマです。自由に追記・編集して頂ければと思います。リンク先のページを作るときは「BH22.9/ページ名」としてください。

  • 課題出しページ → 準備中
  • 成果報告ページ → 準備中

Twitter hashtag は #BH22-9 でお願いします。

その他

Slackのご案内

SPARQLthon の Slack の #bh22-9 チャンネルで参加者間の情報共有を行っています。ぜひご登録ください。

メーリングリストのご案内

開催に関するご案内や参加者間での議論を行っています。ぜひご登録下さい。

国際版 BioHackathon のご案内

毎年1回、海外のデータベース・バイオインフォマティクスの研究者・開発者を迎えて国際版の BIoHackathon を開催しています。(2020, 2021, 2022年度は新型コロナ感染症のため休催)

また、国際版の BioHackathon 等に関するご案内や議論は下記のメーリングリストで行っております。こちらもぜひご登録ください。

SPARQLthon のご案内

バイオハッカソンの他に、生命情報科学におけるセマンティック・ウェブ技術の利用を促進するため、毎月 SPARQLthon という勉強会を開催しています。ぜひご参加下さい。

オーガナイザー

  • DBCLS: 佐久間, 高月, 大田, 守屋, 千葉, 山本, 川島, 片山
個人用ツール