SPARQLthon47/MBGD

提供:TogoWiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(MBGD)
3行: 3行:
クラスターごとに情報をぶらさげた
クラスターごとに情報をぶらさげた
* 機能カテゴリ
* 機能カテゴリ
 +
** MBGD 1.1とか
* どの系統で見られる遺伝子か
* どの系統で見られる遺伝子か
** シアノバクテリアだけで見られるなら、taxid:1117をぶらさげた
** シアノバクテリアだけで見られるなら、taxid:1117をぶらさげた

2016年8月30日 (火) 08:14時点における版

MBGD

クラスターごとに情報をぶらさげた

  • 機能カテゴリ
    • MBGD 1.1とか
  • どの系統で見られる遺伝子か
    • シアノバクテリアだけで見られるなら、taxid:1117をぶらさげた
    • クラスターを検索するときに、使えるかも
  • ツリー構造
    • 配列をClustal Omegaでアラインメントして、FastTreeでツリーを生成した結果
    • Newick形式

遺伝子ごとに情報を付け加えた

  • Pfamモチーフ、TIGRFAMsモチーフをHMMER3で検索してヒットした結果

VALUESで気付いたこと

VALUES (?gene_id) { "geneA" "geneB" ... }

だと遅くて返ってこなかったりした

VALUES (?gene) { <URI> <URI> ... }

とかだと問題なく返ってきた。

個人用ツール