SPARQList

提供:TogoWiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(インストール)
(インストール)
32行: 32行:
$ ROOT_PATH=/rest/ yarn install
$ ROOT_PATH=/rest/ yarn install
</pre>
</pre>
 +
 +
ここで /rest/ は http://localhost:3000/ の代わりに http://localhost:3000/rest/ などのサブパスに SPARQList をデプロイするための設定。
 +
 +
== おまけ ==
デーモン化する場合
デーモン化する場合
42行: 46行:
<pre>
<pre>
-
$ (cd /opt/sparqlist/git; ROOT_PATH=/rest/ PORT=xxxxx ADMIN_PASSWORD=xxxxx forever --workingDir=/opt/sparqlist/git /opt/sparqlist/local/bin/yarn start > yarn.log)
+
$ cat startup.sh
 +
#!/bin/sh
 +
 
 +
export PATH="/opt/sparqlist/local/bin:$PATH"
 +
(cd /opt/sparqlist/git; ROOT_PATH=/rest/ PORT=xxxxx ADMIN_PASSWORD=xxxxx forever --workingDir=/opt/sparqlist/git /opt/sparqlist/local/bin/yarn start > yarn.log)
</pre>
</pre>

2017年3月14日 (火) 07:04時点における版

SPARQList は SPARQL クエリの結果を(必要なら JavaScript で加工して)クライアントに返す REST API を提供するためのミドルウェアです。

目次

主な機能

  • Markdown で SPARQL クエリのドキュメントが書ける
  • SPARQL の結果を JavaScript で任意に加工できる
  • 多段の SPARQL や JavaScript の結果を組み合わせて最終的なデータを生成できる
  • ウェブの UI から REST API のロジックを編集したり、オプションを変更できる
  • コンテントネゴシエーションで json の他に text や csv など色々なデータを返すこともできる

レポジトリ

→ private で公開設定されていなかったので依頼中

インストール

node.js の最新版をインストール(展開して bin/node, bin/npm を ~/local/bin などにリンクする)

$ wget --no-check-certificate https://nodejs.org/dist/v7.7.2/node-v7.7.2-linux-x64.tar.xz
$ npm install yarn -g

sparql-proxy の現状版をダウンロードしてインストール

$ wget https://dl.dropboxusercontent.com/u/429992/sparqlist.tar.gz
$ tar zxvf sparqlist.tar.gz
$ cd sparqlist
$ ROOT_PATH=/rest/ yarn install

ここで /rest/ は http://localhost:3000/ の代わりに http://localhost:3000/rest/ などのサブパスに SPARQList をデプロイするための設定。

おまけ

デーモン化する場合

$ npm install forever -g

インストール先が /opt/sparqlist/git で yarn が /opt/sparqlist/local/bin にある場合

$ cat startup.sh
#!/bin/sh

export PATH="/opt/sparqlist/local/bin:$PATH"
(cd /opt/sparqlist/git; ROOT_PATH=/rest/ PORT=xxxxx ADMIN_PASSWORD=xxxxx forever --workingDir=/opt/sparqlist/git /opt/sparqlist/local/bin/yarn start > yarn.log)

デプロイ例

個人用ツール