BH15.15/TrialofDevelopmentOfValueOntology

提供:TogoWiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
25行: 25行:
***性質のインスタンスと、値を分離する
***性質のインスタンスと、値を分離する
***値と性質のリンクも考える
***値と性質のリンクも考える
 +
 +
 +
*スキーマ/オントロジー
 +
**Quality: モノが持つ性質。bfo:Qualityと同義。インスタンスは、「マウスAの持つ体長」Qualityのクラス階層は、<体長 or 胴囲>、<長さor 重さ>等の区別を受け持つ。ただし、1匹のマウスが成長した場合、10cmも12cmも「マウスAの持つ体長」インスタンスである。PATOのattribute概念(上位階層)に相当。

2016年3月14日 (月) 11:58時点における版

値(定性値、定量値)記述のためのオントロジーを作ってみる(桝屋)


  • 概要

以前Sparqlthonで検討した「単位つき数値」を膨らませて、定量値、定性値の書き方まで、一般的に広くカバーするオントロジーを試作してみる。すでに同じものがあれば必要ないかもしれないが、まず作ってみる。


  • ニーズ
    • 染色体の長さ、物理位置(数値はゲノムバージョンに依存)
    • 実験結果




  • スキーマ/オントロジー
    • Quality: モノが持つ性質。bfo:Qualityと同義。インスタンスは、「マウスAの持つ体長」Qualityのクラス階層は、<体長 or 胴囲>、<長さor 重さ>等の区別を受け持つ。ただし、1匹のマウスが成長した場合、10cmも12cmも「マウスAの持つ体長」インスタンスである。PATOのattribute概念(上位階層)に相当。
個人用ツール