BH15.15/TrialofDevelopmentOfValueOntology

提供:TogoWiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
13行: 13行:
**OBI: BFOに準拠。最近BFO2.0で値の記述に対応したかもしれない。
**OBI: BFOに準拠。最近BFO2.0で値の記述に対応したかもしれない。
**YAMATO(http://download.hozo.jp/onto_library/upperOnto.htm)
**YAMATO(http://download.hozo.jp/onto_library/upperOnto.htm)
 +
***性質と値を分離(DOLCEと同じ)かつ、性質と値を含んだ「特性」を定義

2016年3月14日 (月) 11:42時点における版

値(定性値、定量値)記述のためのオントロジーを作ってみる(桝屋)


  • 概要

以前Sparqlthonで検討した「単位つき数値」を膨らませて、定量値、定性値の書き方まで、一般的に広くカバーするオントロジーを試作してみる。すでに同じものがあれば必要ないかもしれないが、まず作ってみる。

  • ニーズ
    • 染色体の長さ、物理位置(数値はゲノムバージョンに依存)
    • 実験結果
  • 既存の仕事/研究
    • 基本的に「性質」の記述の範疇に入ると思われる
    • OBI: BFOに準拠。最近BFO2.0で値の記述に対応したかもしれない。
    • YAMATO(http://download.hozo.jp/onto_library/upperOnto.htm)
      • 性質と値を分離(DOLCEと同じ)かつ、性質と値を含んだ「特性」を定義
個人用ツール