BH14.14/QA

提供:TogoWiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「== LODQAシステムの検索moduleのJavascriptへの移行 ==」)
(LODQAシステムの検索moduleのJavascriptへの移行)
 
1行: 1行:
-
== LODQAシステムの検索moduleのJavascriptへの移行 ==
+
== LODQAシステムの改良 ==
 +
 
 +
=== SPARQL endpointから辞書を自動作成 ===
 +
 
 +
* 現在の問題点
 +
新しいSPARQL endpointに対してLODQAを使う為には辞書を作る必要が有って何時間の作業が掛かる
 +
 
 +
* 改善の方向
 +
SPARQL endpointから語彙情報を取り出して、辞書を自動作成し、PubDictinariesにuploadする過程を自動化することでどんなSPARQL endpointでもすぐにLODQAを適用できるようにする。
 +
 
 +
=== 検索moduleのJavascriptへの移行 ===
 +
* 現在の問題点
 +
現在バージョンのLODQAはwebsocketを使って動的な画面更新をしているが、websocketが使えない環境では動かない問題がある。
 +
 
 +
* 改善方向
 +
検索moduleをJavascriptに移行してclientで検索と結果の画面更新を行う。

2015年2月6日 (金) 05:17時点における最新版

LODQAシステムの改良

SPARQL endpointから辞書を自動作成

  • 現在の問題点

新しいSPARQL endpointに対してLODQAを使う為には辞書を作る必要が有って何時間の作業が掛かる

  • 改善の方向

SPARQL endpointから語彙情報を取り出して、辞書を自動作成し、PubDictinariesにuploadする過程を自動化することでどんなSPARQL endpointでもすぐにLODQAを適用できるようにする。

検索moduleのJavascriptへの移行

  • 現在の問題点

現在バージョンのLODQAはwebsocketを使って動的な画面更新をしているが、websocketが使えない環境では動かない問題がある。

  • 改善方向

検索moduleをJavascriptに移行してclientで検索と結果の画面更新を行う。

個人用ツール