BH12.12/SPARQLthon9/Virtuoso7

提供:TogoWiki

2013年6月4日 (火) 05:56時点におけるKtym (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Virtuoso 7 コマーシャルライセンスの導入

試用版の Virtuoso 7 のパフォーマンスがよかったので、試用期限の15日以内に http://virtuoso.openlinksw.com/offers/ からライセンスを購入した。 即時ではなく、1日以内くらいにメールでライセンスが届く。 入手したライセンスファイルを bin/virtuoso.lic として設置すれば有効となる。

しかし、Connections 数が 5 のライセンス (Personal/Early stage) を買った場合、 isql コマンドで接続しようとすると

% isql用 ポート番号

*** Error 08004: VD [Virtuoso Server]LI100: Number of licensed connections exceeded

と表示されてつながらないことが分かった。

これは、デフォルトの database/virtuoso.ini では

[Parameters]
ServerPort               = isql用ポート番号
MaxClientConnections     = 5

[HTTPServer]
ServerPort                  = HTTP用ポート番号
MaxClientConnections        = 5

となっており、起動した時点で HTTP 用だけで 5 コネクションのライセンスを使い切っているからだった。

[Parameters]
ServerPort               = isql用ポート番号
MaxClientConnections     = 2

[HTTPServer]
ServerPort                  = HTTP用ポート番号
MaxClientConnections        = 3

のように合計 5 コネクション以内になるように調整することで、isql で接続できるようになった。 (この場合は isql を同時に 2 つコマンドラインから使うことができ、ウェブのインターフェイスは同時に 3 コネクションまで利用できる)

なお、ウェブ版の Conductor にも isql のインターフェイスは用意されており、 そちらだけを使う場合はデフォルト値でも問題ない。

個人用ツール