ウェブサービスAPI とCytoscapeプラグイン

提供:TogoWiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ウェブアクセスURLルール)
(ATTED IIについて)
 
(間の7版分が非表示)
3行: 3行:
*PSIQUIC準拠(SOAP/REST)
*PSIQUIC準拠(SOAP/REST)
-
== ATTED IIについて ==
+
= ATTED IIについて =
ユーザが指定したgeneに対する共発現遺伝子ネットワークを描く<br>
ユーザが指定したgeneに対する共発現遺伝子ネットワークを描く<br>
NetworkDrawer<br>
NetworkDrawer<br>
http://atted.jp/top_draw.shtml
http://atted.jp/top_draw.shtml
*現在のnetwork描画はgraphviz
*現在のnetwork描画はgraphviz
-
*network可視化結果をinteractiveに
+
*巨大なネットワークにおける問題点(描画時間、ネットワークの見やすさ)
 +
*Cytoscapeは強力だが、stand-aloneであることと、高機能であることから、実験生物学者には難しい
 +
*Cytoscape Web → ネットワークの描画、修正の問題の解決、Cytoscapeへの導入
 +
**Cytoscape → 既存のplug-inを利用したネットワークとしての解析、他のデータとの統合
 +
**共通フォーマットを扱えるCytoscape plug-inのPSIQUICは、Cytoscape Webで使えない。
-
=== ブラウザでの可視化結果をinteractiveにするためのステップ ===
+
== 参加者 ==
 +
大林、笠原、西田
 +
 
 +
== フォーマットについて ==
 +
 
 +
{| class="wikitable"
 +
|+ グラフのフォーマット
 +
! - !! CytoscapeWeb !! Cytoscape !! 特徴
 +
|-
 +
! GraphML
 +
| 対応 || 非対応(今後対応予定) || 理解しやすく、動作も良好、一般的、しかし何故かCytoscape非対応
 +
|-
 +
! XGMML
 +
| 対応 || 対応 || 一般的ではない、動作確認できず
 +
|-
 +
! PCI-MI
 +
| 非対応 || 対応 || PSIQUIC webserviceとの親和性がよいがCytoscapeWebに非対応
 +
|-
 +
! SIF
 +
| 対応 || 対応 || 最もシンプルで対応もよいがアトリビュート情報を保持できない
 +
|}
 +
 
 +
== ブラウザでの可視化結果をinteractiveにするためのステップ ==
#出力フォーマットにGraphMLを追加
#出力フォーマットにGraphMLを追加
#CytoscapeWeb用の見栄え, UIをjavascriptで
#CytoscapeWeb用の見栄え, UIをjavascriptで
-
=== PSIQUIC universal client(Cytoscape)に対応するためのステップ ===
+
=== CytoscapeWebで実現するUI ===
 +
*現在のGraphViz出力でできていることの上に独自の便利さを加える
 +
**クエリの遺伝子と共発現対象遺伝子のノード背景色の区別
 +
**転写因子かどうかでノードの形を変える
 +
など
 +
 
 +
== PSIQUIC universal client(Cytoscape)に対応するためのステップ ==
#RESTなURLでGraphMLを返す
#RESTなURLでGraphMLを返す
#RESTなURL(PSIQUIC準拠)でPSIQUIC準拠のデータを返す
#RESTなURL(PSIQUIC準拠)でPSIQUIC準拠のデータを返す

2010年10月22日 (金) 06:26時点における最新版

ATTED IIの共発現ネットワークの可視化

  • GraphVizでのネットワーク可視化部分にCytoscapeWebを
  • PSIQUIC準拠(SOAP/REST)

目次

ATTED IIについて

ユーザが指定したgeneに対する共発現遺伝子ネットワークを描く
NetworkDrawer
http://atted.jp/top_draw.shtml

  • 現在のnetwork描画はgraphviz
  • 巨大なネットワークにおける問題点(描画時間、ネットワークの見やすさ)
  • Cytoscapeは強力だが、stand-aloneであることと、高機能であることから、実験生物学者には難しい
  • Cytoscape Web → ネットワークの描画、修正の問題の解決、Cytoscapeへの導入
    • Cytoscape → 既存のplug-inを利用したネットワークとしての解析、他のデータとの統合
    • 共通フォーマットを扱えるCytoscape plug-inのPSIQUICは、Cytoscape Webで使えない。

参加者

大林、笠原、西田

フォーマットについて

グラフのフォーマット
- CytoscapeWeb Cytoscape 特徴
GraphML 対応 非対応(今後対応予定) 理解しやすく、動作も良好、一般的、しかし何故かCytoscape非対応
XGMML 対応 対応 一般的ではない、動作確認できず
PCI-MI 非対応 対応 PSIQUIC webserviceとの親和性がよいがCytoscapeWebに非対応
SIF 対応 対応 最もシンプルで対応もよいがアトリビュート情報を保持できない

ブラウザでの可視化結果をinteractiveにするためのステップ

  1. 出力フォーマットにGraphMLを追加
  2. CytoscapeWeb用の見栄え, UIをjavascriptで

CytoscapeWebで実現するUI

  • 現在のGraphViz出力でできていることの上に独自の便利さを加える
    • クエリの遺伝子と共発現対象遺伝子のノード背景色の区別
    • 転写因子かどうかでノードの形を変える

など

PSIQUIC universal client(Cytoscape)に対応するためのステップ

  1. RESTなURLでGraphMLを返す
  2. RESTなURL(PSIQUIC準拠)でPSIQUIC準拠のデータを返す

CytoscapeWebについて

ATTED IIの検索結果のためのGraphML

<graphml>\
<key id="label" for="all" attr.name="label" attr.type="string"/>\
<key id="target" for="node" attr.name="target" attr.type="string"/>\
<key id="TF" for="node" attr.name="TF" attr.type="string"/>\
<key id="function" for="node" attr.name="function" attr.type="string"/>\
<key id="keggsecmet" for="node" attr.name="keggsecmet" attr.type="string"/>\
<key id="keggamino" for="node" attr.name="keggamino" attr.type="string"/>\
<key id="keggstarch" for="node" attr.name="keggstarch" attr.type="string"/>\
<key id="keggphenyl" for="node" attr.name="keggphenyl" attr.type="string"/>\
<key id="cor" for="edge" attr.name="cor" attr.type="string"/>\
<graph edgedefault="undirected">\
<node id="At1g06000">\
<data key="label">At1g06000</data>\
<data key="target">O,C</data>\
<data key="function">UDP-glucoronosyl/UDP-glucosyl transferase family protein</data>\
</node>\
<node id="At1g18580">\
<data key="label">At1g18580</data>\
<data key="target">M,M</data>\
<data key="function">GAUT11 (Galacturonosyltransferase 11); polygalacturonate 4-alpha-galacturonosyltransferase</data>\
<data key="keggamino">http://www.genome.ad.jp/dbget-bin/show_pathway?ath00520+At1g18580</data>\
<data key="keggstarch">http://www.genome.ad.jp/dbget-bin/show_pathway?ath00500+At1g18580</data>\
</node>\
<edge target="At1g06000" source="At1g18580">\
<data key="label">correlation</data>\
<data key="cor">0.8</data>\
</edge>\
</graph>\
</graphml>\

PSIQUICについて

interactionの取得方法

  • SOAP
  • REST

ウェブアクセスURLルール

個人用ツール