R2RML

提供:TogoWiki

移動: 案内, 検索

なぜマッピングに R2RML を使いたいか

  • D2RQ 形式はたびたび使われてきた(?)が D2RQ の開発は終了している
  • そこで、W3C 勧告の標準である R2RML に対応しているツールが増えている

R2RML でデータ変換するためのツール

主なツール

  • Ontop(無償)
    • 接続先データベースを選択できるため、OSS のデータベース(MySQL など)を利用できる
    • マッピングには独自のシンタックス(OBDA Model の mapping axiom)を使用している
    • Protege の ontop プラグインを使うことで R2RML をインポート/エクスポートできる(ドキュメント
  • Virtuoso Open-Source(無償)
    • マッピングには独自のシンタックス(Linked Data Views)を使用している
    • R2RML VAD パッケージを使うことで R2RML を Linked Data Views に変換することができる
  • Oracle(商用)
    • マッピングには R2RML を使用している
個人用ツール