BH14.14/D2RQ

提供:TogoWiki

移動: 案内, 検索

RDB を SPARQL エンドポイントにする D2RQ の設定ファイル D2RQ mapping, R2RML Mapping を生成するウェブアプリケーションの高度化

2015/2/4

  • 公開環境を今回までの成果を反映したバージョンに更新
  • ユーザ認証機能を追加 (testuser)
  • デザイン向上のため、現状の UI で出来る機能の説明 (西澤→永野)

機能

  • Mapping setting
    • RDB と RDF の対応付けを設定
      • 設定するテーブルを選択
      • テーブルの各行に相当する URI を生成する方法を指定しトリプルのサブジェクトにする
      • Subject (table) では D2RQ で設定可能な項目(rdf:typeなど)を選択して値を設定する機能を提供 → どのような RDF が生成されるか確認する, Subject (row) の方が正確
      • Properties (column) では、各カラムに該当する predicate などを設定する → サブジェクトを選択できる必要があるか?, 複雑な
  • User defined Classes
    • RDB のレコードに対応(行)、自動で対応できないものをユーザ独自にカスタマイズ
  • User defined Properties
    • RDB のカラムに対応(列)、自動で対応できないものをユーザ独自にカスタマイズ
  • Namespaces
    • RDF の名前空間を設定(@prefix)
  • Join
    • RDB のテーブル間の join と RDF へのマッピングの設定
      • 1対多の関係: table1 の columnA と table2 の columnB を JOIN して predicate を指定すると、?s ?p ?o が <table1.columnA> :seeAlso <table2.columnB> のようなトリプルを生成
      • 多対多の関係:table1 の columnA が中間関係テーブル t1_t2 を介して table2 の columnB に対応する場合、<table1.columnA> → <t1_t2> → <table2.columnB> を辿って <table1.columnA> :seeAlso <table2.columnB> を生成
  • Create View
    • データベースのビューを作る
      • 1対多の場合は Join と同様であるが、table1 → table2 → table3 と Join したら辿れる関係から table1 → table3 というトリプルを作る際には先に table1 - table2 を Join した結果をビュー t1t2 として保存しt1t2 と table3 を Join する必要がある
  • D2RQ Mapping
    • 生成された D2RQ Mapping ファイルを表示、ダウンロード
  • RDF (Turtle)
    • D2RQ Mapping で生成された RDF データを表示、ダウンロード
  • R2RML Mapping
    • 生成された R2RML Mapping ファイルを表示、ダウンロード
    • コチラを使って生成された RDF ファイルも上記と同じはず
  • SPARQL
    • D2RQ Mapping ファイルに基づいて RDB に対して SPARQL 検索を行う

TODO

個人用ツール